「ほっ」と。キャンペーン

日 刊 善 丸  リアル版



室内トイレで排尿&脱糞復活!善丸ぢーにあす伝説 第3章幕開け!! 

d0117559_17135536.jpg
                  海外メディアで その快挙が取り上げられた善丸さん


 1歳を過ぎた頃から気がつくと室内トイレトレイを使ってる形跡が見受けられなくなった。アウトドア派への
転身を図った善丸さん。
雨が降ろうと飼い主が二日酔いで寝込もうとお構いなしに、アウトドア(要するNOGUSO)を主張。
一計を案じた飼い主がベランダにトイレシートを敷くと、非常時はそこで済ませてくれるようになった。
 思えば、このベランダトイレを すんなり覚えたことが“善丸ぢーにあす伝説”第2章の始まり。
また、野外ちっこを常に決まった排水溝でする訓練にさくっと成功したことも第2章の重要なファクターである 
d0117559_17191679.jpg
                               散歩の習慣@排水溝にて排尿


 遡って、いぢょ隊入隊初日。トイレトレイにて華麗にちっこをした ぱぴこ善丸。これぞまさに“ぢーにあす伝説”の
第1章と言えよう。
 そして、その「伝説の幕開け」にはブリーダーさんが躾てくださった“序章”があることを ここに感謝を込めて記す。

 さて、ぱぴこ善丸は雲子をすると甲高いピィピィ声で知らせる子犬だった。
飼い主の留守中にいたした雲子は、帰宅時間の早かった朕が素早く回収・・・お陰で食糞の悪癖もなく
清潔なトイレに親しむ雲子の嫌いなワンコに成長。
 トイレを清潔に保つことが自らの こんふぉたぶるな生活を保障するのだと悟った善丸がケージ内トイレでの
排泄を拒否するに至ったのは当然の業と推察される・・・・・・・・・

・・・って、
ある程度、脱糞&排尿のコントロールができる月齢になって、朝晩散歩に行ってりゃ そんとき済ますよーになるもんだと、
「最近、室内トイレで排泄しなくなって心配なんですぅ」と相談した飼い主に、獣医師さんは言ったとさ ^^;


d0117559_1615317.jpg
                                   時の流れを表す画像
 


 降雨 荒天 深夜帰宅 二日酔い 坐骨神経痛 タマニハサンポサボリタイ・・・いかなる日もアウトドア排泄を主張する善丸に
危機感を覚えた飼い主は トイレトレーニングの再開・・・ィャ 正確に言えば 開始することとなった・・・が、
朝晩散歩とベランダトイレの併用で特に不自由を感じなかったこともあり、なんだかんだいってぜ~んぜん
トレーニングは進まなかった ってか、トレーニングなんかしてなかった。
 
 今春のこと。寝室の模様替えをした折、善丸トイレの場所を確保&NEWトイレトレイを導入。
梅雨が訪れた頃からどんな雨降りの朝でもレインコートを着せ必ず朝散歩に出ることにし、夜散歩を休止。
 夜は食後にトイレトレイに座らせ排尿を促す―etc.飼育本のとおりのトイレトレーニングを実行した。
トレーニングの成果はほどなく現れた。流石、ぢーにあす!
盛夏の頃には自らトイレに向かいチャ~ッとすませた後、全速力(ナゼ?!)でリビングに戻ってくるようになったのだ。
 尿意を覚えたらしき善丸が、ベランダに出ようとするの阻止し横抱えにしてトイレトレイまでダッシュした苦労や
ありえないような場所で今まさに排尿せんとす・・・な善丸を抱き上げた その刹那、シャーッとなさられ
高い位置から振り撒かれたちっこで 床に置きっぱなしだったあれこれがホッカホカのビッショビショになった惨事(涙)も
今となっては“ぢーにあす伝説”を彩る微苦笑を伴うエピソードとなった。
 
 そして昨夜。朝からの雨で散歩に行きそびれ 都合3食分の雲子をその身溜め込んだ善丸の不憫さに
いたたまれず、久々にベランダに誘導した。
そう 善丸は 「君臨すれども統治せず」なぞらえた“排尿すれど脱糞せず”の精神(なんだそりゃ)
室内トイレではちっこのみを貫いていたのだ。
 ベランダに下りた善丸は、さっき済ませたばかりなのに、またちっこの体勢(?!しかも空砲)。自ら室内に戻り、
ガシガシと遊ぶ善丸に何度か「うんしくんればいーのにぃ」(いぢょ隊語)と話し掛ける飼い主。
 ふとした折、テケテケと寝室に向かう善丸―が、異臭(淡い思い出が消える程度のレベル)と共に全速力で戻ってきた!
をを!!なんとトイレトレイにも~ぉりっと雲子が!!あまりの量にいささか驚愕し、動きの遅れた飼い主の傍らで
また茶釜ポーズでひり出そうと・・・うぉぉぉぉ!たんまたんま!!慌てて“も~ぉりっと 以下略”を
回収したところで 1回めには及ばぬものの それでもたいそうな量をなさる善丸さんであった。

 少々 異臭が残ったが(淡い思い出全滅)、疾呼のみならず雲子も室内トイレでこなしてくれるようになった善丸のお陰で
いぢょ隊の未来は ますます明るいものとなると確信して この長き駄文の締めとしたい。

                                            

d0117559_17234869.jpg
                       とーちゃん 俺は今 猛烈に感動している!!
[PR]
by ijoako | 2010-09-17 17:25 | FRENCH | Comments(2)
Commented by alpenkatze at 2010-09-17 23:03
犬猫と、動物の種類は違えど、私も”たまには散歩さぼりたい…”といつも思ってます(涙)。
トイレの大の後に全速力で戻ってくるなんて、こういった行動は猫と似たようなものなのかしら。大の後に急に走ったりする子、けっこういるみたいです(うちはなぜか前なんですが、^^;)。
善丸ちゃん、ちゃんとトレーニングでできるようになったんですねぇ!状況は違えど、一日出なかった後の翌日に出してくれた時の喜びと似たようなものを感じました^^;
Commented by いぢょ at 2010-09-24 14:32 x
夏は特に5時起きを強いられるので もっと寝てたいぢょ状態でした。
友人のネコさんは排泄の後に軽く踊るコとのことですわ かーいーのぉ^^
毎日毎日、雲子の状態チェックして 疾呼の色と量を気にして 散歩中は
ずっと尻穴見て・・・私達って不思議な生き物ですよね ^^;  
<< adieu idol 日 刊 善 丸 >>